読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

We are eating yellow sandwich

おいしいたまごサンドの食べられる喫茶店情報が知りたいです

クラゲ

最近またよく思い出すので、わたしがジャニーズにはまったきっかけのSUMMER SONIC 2014でTOKIOをみたことについて書き残しておこうかなと思います。2年以上前のことなのに、時々鮮明に思い出すんですよね。。

 

サマソニTOKIOが出るって知ったのは、たぶん発表からしばらくしてから、共通の音楽を好む友達(その方はSMAPも好き)から聞いたような気がします。

TOKIOは、リリックという曲がCD買うまでには至ってなかったけどすごく好きで、紅白とか特番の歌番組とか出るときはわりと見るようにしていて、ふだん好んで聴いてるバンドと近い感じはしていて気にはなっているけど、ジャニーズという括りに対して、興味はあるような、でもある種の抵抗がどうしても拭えず、ギリギリまで行くか悩んで、でもやっぱりこの機会を逃すとたいへんなことになるような気がしてチケットを買いました。行くことを友達に報告したら、TOKIO含め何組かのジャニーズアーティストのCDを貸してくれました。でもあまり聴きこむ暇もなく当日を迎えました。

 

TIMETABLE - OSAKA 8.17 SUN | SUMMER SONIC 2014www.summersonic.com

その年のサマソニで一番小さなステージ。大阪は野外でした。ひとつ前の時間帯のいちばん遠いステージで他のお目当てを見終わってからTOKIOの出るステージに戻ってきても全然余裕で真ん中くらいに陣取ることができて、もうすぐここにほんまにTOKIOがくるのかな、と思いながら、演奏してるバンドをちらっと見たり、TOKIOの中やったらだれが好きかとか話したりしてました。

 

朝からずっと晴れて暑かった1日ももうすぐ終わり、というすこしだけ日が傾きかけたころ、きっと会場のどこかにいらっしゃったTOKIO担のか細いTOKIOコールが、会場中を巻き込んであれよあれよと野太いしげるコールの大合唱へ。これがちょっと笑えるんやけど愛を感じてすごく鳥肌たちました。

しげるしげる!/の絶頂にふらっと現れるTOKIOメンバー。順番はもう覚えてないけど、みんなとにかくキラキラ笑顔で、「ジャニーズやけどロックバンドとか言われてるけどTOKIOってめっちゃアイドルやん…」って思いました。鉄腕DASHでのめざましい活躍からいちばんアイドルから遠いと思っていた城島リーダーと山口達也兄ィがとくにアイドルな笑顔を振りまいてました。笑顔の印象が強かったけど、リーダーはDASH島スタイルでタオルを頭に巻いていたかも。途中から巻いたんやっけな…?でもまるで明星の表紙から飛び出してきた感じやった。

その笑顔にすこしくらっとしてるところへ、真打・松岡昌宏の登場です。超!絶!かわいい!!!え!松岡ってあの松岡!?「あの、ジャニーさんとこの?」レベルのギャップ王子がそこにいましたよ…ずっとなんかこわそうな、夜の帝王のイメージやったのに!太陽の下であんなにかわいく笑うのなんて知らない! ずるい!べつにわたしに向けられたわけでもなく、メンバーやお客さんをみて笑ってるその優しい目に腰がくだけそうになりました。音を出す前から胸をわしづかみにされていました。

 

1.宙船 

2.AMBITIOUS JAPAN! 

 

ヒット曲でまずはごあいさつ。ホーン隊やストリングスのお姉さんたちもいない5人だけの演奏にもかかわらずちゃんと音が厚くて、野外でも全然違和感なくすごいなっておもいました。リーダーの生「I get a true love!」を聴ける日がくるなんて…

 

2曲終わって軽く自己紹介やったとおもいます。ほぼ覚えてません。

長瀬「サマソニにジャニーズがやってきたぞー!」「みんなのしげるコール奥まで聞こえてたぜ!」

しげちゃん「みんなひと夏の経験してるかー!おれはご無沙汰だーー!」

わたしたちご一行「わたしとーー♡」

まさかのハモリで超笑った。もう黄色い声の出し方なんて忘れてたとおもってたのに、なんか学生の頃に戻った感じできゅんとした。

 

3.Water Light 

4.リリック

5.LOVE,HOLIDAY. 

6.Sunset.Sunrise 

 

友達が貸してくれたCDにAct Ⅱも入ってたけど聴き込んでなくて??だった。でも5人がすごく楽しそうで自信に満ち溢れててかっこよかった。リリックは泣いた。あのとき長瀬くんと見上げた青空はとても美しかった。ずっと忘れませんように。ラブホリは、なんかテレビで聴いたことあるな?くらいで、全然知らなかったけど、みんなでコーラス歌ってたのしい。今思えばSunset.SunriseもWater Lightも、あのときで発売から9年も経ってるアルバムの中の曲を、TOKIOのライブパフォーマンスを初めて見る人がほとんどの場所で鳴らす意味を考えると、めちゃめちゃかっこいいなっておもいます。

 

7.LOVE YOU ONLY

 

最後はお待ちかね、デビュー曲で代表曲。これもすっごいたのしいのにめっちゃ泣けた。ふだん絶対聴かないはずのまわりのみなさんが、プチャヘンザして大合唱してるんですよ。長瀬が歌わせようとしなくてもみんな歌ってるんですよ。歌詞のテロップとかないのに!わたしも友達も当たり前のように歌ってました。そしてあっというまにTOKIOは去っていきました。ほんとに夢やったんちゃうかなとおもうくらいあっというま。国民的存在感でありながら、バンドとして20周年をむかえた技術と円熟味もあって、それにくわえてあの顔面偏差値の高さ。それまで女子アイドルの楽曲派とか調子乗って言ってたけど、顔ファン上等です。

 

ほんの40分とかそこらへんのTOKIOのライブが、それまでみてきたどんなコンサートやライブより楽しかったし印象的でした。これを書いてる今の時点では、去年の1/16の元気が出るLIVEとか今年のエイタメオーラスとかも大きくこころに残ってるけど、それもサマソニTOKIOのライブを見ていなければ経験できなかったなとおもうと、サマソニ迷ったけど行って大正解ですし、おかげさまで毎日がより楽しくなりました。覆水盆に返らず。こぼれたミルクに泣かないで。

 

あれから2年とすこし、今はTOKIO関ジャニ∞を愛聴しておりますので、もし、関ジャニ∞サマソニやフジに出たら…というのはたまに考えるし友達と話したりもするんですよ。あるかなーないかなー。ドリフェス出たって言ってもあれはフェスというよりイベントやしな。聴けば「お、関ジャニ∞!」って世間一般の人たちが思う曲がわたしにはなんなのかわからないので、セトリの妄想ができないんですよね。。今現時点での代表曲ってなんなんやろ…

だからということでもないけど、今度のアルバム「ジャム」にめっちゃ期待してます。やすくんがおいしいパートたくさんあったらええなとかもおもうけど、なんとなくいまいい風が吹いてきているように感じるので、新年会で語ってた目標に近づける後押しになるアルバムになってればいいな。なってるはず!


謎のタイミングのブログを書きましたが、まぼちゃんとやすくんの舞台が近づいてたり、夏のツアーの申し込みももうすぐはじまるので、浮かれてるんですねきっと。まつりだまつりだー!